エクオール サプリ おすすめ

エクオールサプリのおすすめは?

このページでは、40代以降の女性特有の悩みをサポートするエクオールが配合されたサプリについてまとめます

 

エクオール配合サプリ

 

気分がいつも沈んでいる

 

おしゃべりが楽しめない

 

いつもため息ばかり

 

お出かけが楽しくない

 

食事を作るのが面倒

 

などなど、揺らぎやすい女性のためのサプリをご紹介したいと思います。

 

少しでも日常の助けになれば幸いです。

更年期の対策にサプリってどうなの?

エクオールは更年期特有の悩みを和らげてくれます。

 

その力は、今まで更年期に良いとされてきた「大豆イソフラボン」より上です。さらに、大豆イソフラボンは毎日摂取しても、効果が出ない人もいますが、エクオールはそういう人にも効くのです。

 

私も更年期特有の変化に悩んでいました。

 

体が重い。

 

気が重い。

 

イライラする。

 

でも、色々なエクオールサプリを飲んでいると、すーっと収まってきました。飲むのをやめて、しばらくするとまた体が重くなります。ああ、これはエクオールって本当に意味があるんだな。と実感しました。

 

その中でも、私が本当に良い!と思ったサプリをご紹介したいと思います。

 

エクオール配合サプリは効きます

 

エクオール+ラクトビオン酸の特徴

  • エクオールサプリの人気ナンバー1
  • 93パーセントの方が変化を実感しました
  • 明るい毎日、健やかな毎日
  • 1日あたり173円でコスパ良し
  • 医薬品レベルの厳格な管理体制
  • 長期のおやすみOK
  • お届けの日の変更いつでもOK

価格 14,552円
評価 評価5
備考 2分に1本売れている超人気商品です
エクオール+ラクトビオン酸の総評

ゆらぎ世代におきやすホルモンバランスの乱れ。それによって起きる色々な不調を和らげてくれるがの、エクオールです。

サプリで摂取するのが一番効率がいいのですが、その代表がこの「エクオール+ラクトビオン酸」です。私も飲んでいます。

エクオール研究の専門医と共同開発された高品質サプリメントです。

販売元は、東証一部上場であり、医師と提携し医療施設プロデュース、先端医療事業などを行うアドバンス・メディカル社です。

信頼、安全、安心、すべてが他のサプリの上です。と、言い切ってもいいと思います。

リンク先には割り引きクーポンをご用意したので、ぜひご利用下さい。

キレイ・デ・エクール サプリメントの特徴

  • エクオールが2粒にたっぷり10mg
  • 吸収を乳酸菌と食物繊維がサポート
  • EC-12乳酸菌も贅沢に配合
  • 1日あたり132円でお財布に優しい
  • 安心のGMP工場で生産
  • りんごセラミド配合で美容効果アップ
  • 定期コースに回数制限なし

価格 3,980円
評価 評価5
備考 高機能サプリです。口コミも高評価ばかりでした。
キレイ・デ・エクール サプリメントの総評

キレイ・デ・エクール サプリメントは、エクオール含有量が高く、2粒でたっぷり10mgが摂取できます。

10mgというのは、エクオールの1日当たりの推奨摂取量とされていて、キレイ・デ・エクール サプリメントは2粒飲むだけでクリアできます。

さらに、乳酸菌と食物繊維が配合されており、エクオールの吸収率を最大限にあげています。

特に乳酸菌はEC-12乳酸菌が配合されており、これはエクオール産生菌の栄養素となり、エクオールを作るサポートをするのです。しかも1粒に1000億個も配合されています。

また、定期コースの制限がないのもいいですね。いつでも変更、解約ができるので安心して注文できます。

私も、定期コースを解約した経験がありますが実にあっさりしたものでした。引き止めがないぶん、逆に好感を持ちました。

ノムダスの特徴

  • 飲みやすい8mmサイズ
  • ユーザー満足度95パーセント
  • 品質にこだわり、すべてが自然素材
  • 放射能残脳検査済み
  • エクオール産生菌入り
  • EC-12乳酸菌もしっかり配合
  • 定期便はいつでも解約が可能

価格 1,260円円
評価 評価4
備考 コスパ最高のエクオールです。1日わずか42円。
ノムダスの総評

ノムダスは正確に言えば、エクオールサプリではありません。

エクオール産生菌が配合されているサプリです。体内でエクオールが作れない人でも、作れるようにサポートするサプリです。

公式サイトに問い合わせたところ、理論上は飲んだ方はほぼ100パーセント体内でエクオールが作れるはずです。とのことです。

実際、口コミを調べると意外に悪くなく

毎月のリズムが安定した
ほてりが気にならなくなった
若く見られた

など、高評価が並びます。お値段も他のサプリに比べると高くないので、気軽に試すことができるのも人気の要因でしょう。

しかも定期便はいつでも休止OK。引き止めも勧誘もありません。エクオールを体内で作って、もっと自然にゆらぎ世代を乗り切りたい方とお考えのかたにオススメです。

私が一番おすすめするエクオールサプリは1位の「エクオール+ラクトビオン酸」です

ここまで、おすすめのエクオールサプリを3つご紹介しました。私が一番おすすめのするのは、1位の「エクオール+ラクトビオン酸」です。

 

一番のおすすめはエクオール+ラクトビオン酸です

 

なぜおすすめか?

 

まず、売れているという点です。製品が出始めてから、テレビで紹介されて認知度が高まり更に売れているようです。それだけ人気があり、多くの人が使っています。そうすると、体に合わないひととか絶対に出ます。そうすると、ネットで低評価付ける人がいます。普通、売れれば売れるほど色々な人が買うので、全体的に評価は下がるはずですが、このサプリは評価が下がりません。ネットでは常に高評価です。

 

常に評価が高いから、また売れる、高評価、そして売れる。この繰り返しですね。それだけ、実感できる製品だということです。

 

ユーザーの実感率が93パーセントというのもうなずけます。

 

私も更年期特有の症状に悩んでいました。酷いときには飯を作るのも面倒なくらいです。でも、この「エクオール+ラクトビオン酸」を飲んで私は変わりました。引きこもりにも似た生活から一転、外に出て活動的になることができました。

 

そこそこの数のエクオールサプリを試した私も、この製品は別格と言っていいと思います。

 

迷ったら、エクオール+ラクトビオン酸。

 

始めようと思ったら、エクオール+ラクトビオン酸。

 

で、間違いありません。(下のリンク先に割り引きクーポンがコードがあります。ぜひご利用下さい)

 

エクオール+ラクトビオン酸が一番のおすすめです

そもそも、エクオールとはなに?

大豆に含まれる大豆イソフラボンと呼ばれるポリフェノールは、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをすることで知られています。ですが、近年の研究により、実は大豆イソフラボンそのものよりも、エクオールと呼ばれる成分がその働きの中心であることがわかってきました。

 

エクオールは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします

エクオールとはエストロゲン
エクオールとは、大豆イソフラボンが腸内細菌の力によって生み出される成分のことを言います。

 

大豆イソフラボンにはダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインの3種類がありますが、その中でもダイゼインだけが腸内細菌の代謝によってエクオールへと変化します。エクオールの効き目は、エストロゲンのわずか100分の1から1000分の1程度しかありませんが、女性ホルモンが足りない時にエストロゲン受容体とエクオールがうまく補い合い、その結果脳や血管、骨などを守る作用が働くのです。

 

一方、女性ホルモンが過剰に分泌されている時は、エストロゲン受容体にエクオールがはまり込むことで過剰分泌を和らげることができます。

 

エクオールは更年期の辛い症状を軽くします

エクオールは更年期の辛い症状を軽くします
エクオールは更年期の症状を改善することができる成分として注目を集めており、それは大豆イソフラボンの成分であるダイゼインをそのまま体内に吸収するよりも高い効果を発揮します。

 

日本更年期医学会の実験によると、女性108人を対象に二日間の食事調査を行い、尿の中のダイゼイン、ゲニステイン、エクオールの量を測定したところ、更年期の症状が軽い方の尿にはエクオールが多く含まれていたことがわかっています。

 

ダイゼインとゲニステインの尿中の量は更年期の症状の軽い重いに関わらず差があまり見られませんでしたが、エクオールに限っては、症状が重い方の場合、よりエクオールの量が少なく、症状が軽い方ほどエクオールの量が多くなっていました。よって、更年期の症状に深く関りがあるのは、大豆イソフラボンの中でもダイゼインの代謝によって生み出されるエクオールであることがわかったのです。

 

例えば、エクオールが更年期の症状であるホットフラッシュや首、肩の凝りを改善したり、女性ホルモンが減少することで起こる骨からカルシウムが溶け出すことを押さえる働きがあることがわかっています。

 

エクオールを体内で作れる人は50パーセント以下という結果も

エクオールを体内で作れる人は50パーセント以下
ですが、大豆イソフラボンからエクオールを体内で作れる人は、日本人の約二人に一人しかいないと言われており、さらに30歳未満の若い世代では約四人に一人しかいないともされています。

 

この差は、幼少期からどれだけ大豆製品を摂取していたのか、腸内環境の違いに大きな関係があります。

 

厚生労働省が発表している国民健康栄養調査によると、大豆の摂取量は60代が最も多く、若くなるにしたがってその量は減っていきます。また、腸内細菌のエサとして必須の成分である食物繊維の量も60代が最も多く、若い世代の摂取量と比べるとレタス丸ごと一個分ほども違いがあります。

 

エクオールを生み出すためには健康な腸内環境が必要ですので、食物繊維の豊富な根菜類や海藻類を積極的に摂取する必要があります。腸内環境は一日二日で変わるものではなく日々の食生活が大切ですので、大豆や野菜をなるべく摂取するよう毎日の献立を工夫していきましょう。さらに腸内細菌とは、睡眠やストレス、運動なども影響していると言われていますので、食生活だけでなく、生活習慣そのものも見直すことが大切です。

 

エクオールサプリなら体質に関係なく摂取できます

エクオールサプリなら体質に関係なく摂取できます
体内でエクオールを産生できない人が、40代50代になって、さあエクオールを作るぞ!と張り切って大豆製品を摂取しても結果は難しいでしょう。

 

また、エクオールは体内で産生できる人も1日しか溜めておくことができません。1日たつと尿で排泄されます。また、体調によっては大豆製品を食べてもエクオールが体内で変換できないときもあります。

 

エクオールサプリは体質にも体調にも関係なくエクオールを体内に取り込むことができるので、更年期に悩む方にとてもおすすめです。その中でも、当サイト1位の「エクオール+ラクトビオン酸」は、使った方の93パーセントが前向きな変化を感じています。ちょっとお値段は高いですが、十分にその価値があるサプリです。

 

(下のリンク先に割り引きクーポンがコードがあります。ぜひご利用下さい)

 

エクオール+ラクトビオン酸が一番のおすすめです